fc2ブログ
二匹の猫の観察日記とそのまんまの私の事
2015年12月23日 (水) | 編集 |
また新たな出会いがあった~

ここが私の畑になるの~*\(^o^)/*


300坪ぐらいと言っていた~

何を始めるかというと…

草木染め


染色の先生も紹介してもらった~

本まで用意をして待っていてくれました~


あー楽しみ

楽しみが止まらない!

あったかくなったら畑にいっぱい和ハーブを植え

て草木染めをします~

待っててね~

早くあったかくなぁれ~



スポンサーサイト



目的地
2015年10月17日 (土) | 編集 |
さきほど時間をかけてブログを書いたので投稿したら全部消えた・・・

あの時間を返せ


き・気を取り直して・・・

さて目的地とは秩父ミューズパーク内にある薬草植物園

散策してみました。そこで気になった植物とか知ってる~っていう植物があったので写真を撮ってきました

まずは とってもいい香りがするクロモジさん↓

和のローズウッドでございます~

クロモジってしってますか?高級楊枝(ようじ)として和菓子などにつけて・・・。
その高級楊枝に使われますね~
クスノキ科の落葉低木。Lindera umbellata
殺菌効果が極めて顕著であり、その昔、江戸時代には歯ブラシ代わりとしても使用されていた時期もあったようです。
一般的に浴剤としての応用は、神経痛、リウマチ、肩こり、腰痛、体を温める効果もあるので、冷え性にも好適。
さらに湿疹、小児の皮膚のただれにも良いといわれ、アトピーにもおすすめできます。
保湿効果も優れている模様です。以上現場からお伝えしました ご愛嬌
黒文字茶としても売っています~
・鎮静作用(神経を鎮めて良く眠れるようにする作用)
・鎮咳作用(痰を除き、咳を静める作用)
・血圧降下作用(ゆるやか)
・健胃作用(芳香性健胃薬で胃潰瘍の防止に)
※特に急性胃腸炎や下痢などの際に、煎じて服用する。

このクロモジがここにあるなんて…

是非詳しい人に話を伺いたい

続きまして~ニワトコさん↓

ニワトコ(接骨木、庭常、学名:Sambucus sieboldiana var. pinnatisecta[1])はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木または小高木
なんとあのハリーポッターのにも出てくるのよ~
ニワトコの杖が死の秘宝の一つなんだよ~
死の秘宝」と呼ばれる品は3つあり、それは「Elder Wand(ニワトコの杖)」「Resurrection Stone(蘇りの石)」「Cloak of Invisibility(透明マント)」である。
秘宝を全て手に入れた者は死に打ち克つことができるとされる。(Wikipediaより)

興味ありあり~詳しい人に話を伺わなくては

次はだれ?次はこの方和のシナモンでありますヤブニッケイさんです。↓

ヤブニッケイはクスノキ科の常緑高木。精油があるため幹や葉っぱを傷つけるとよい香りがします。
あまり資料がないです~
香り高いシナモン、漢方薬としてのケイヒ、辛みのあるニッキ、
ヤブニッケイなんて~といわないで下さい(-_-;)ちゃんと樹木全体に香りはあります。
材が緻密で硬く、乾燥に時間はかかるが加工が容易で、光沢のある仕上がりになるため
床板、家具材、装飾材として利用されてきました。
種子から香油が採れ、民間伝承では葉や樹皮はリュウマチ、腰痛、痛風、打撲などに利用されています。
一般的には観賞用や防風林に植えられています。(南の島/宮古島ブログより)

ん~詳しい人に話をお伺いしたい

続きまして~今度は知っていた植物です~

へぇーーーーーーと思った植物です

この方ウィンターグリーンさんです↓

主に中国やベトナム、カナダなどに生育しているツツジ科の植物で、北アメリカでは、インディアンが発熱や関節痛がある時に使っていたといわれる植物です。
インディアン達は、体中に痛みが走る時、この葉を歯で噛み潰し、あるいは、お湯に漬け込んで煎じて飲みました。
精油はウィンターグリーンの葉から抽出しますが、サリチル酸メチルという成分が、非常に高い消炎作用、鎮痛作用を持つため、筋肉痛、ぎっくり腰、発熱、関節痛などの改善に使われます。
(知って得するウィンターグリーンの効能 アロマ屋 西坂理恵の日々の徒然~♪より)
本当に湿布薬の匂いだから

こんな植物がここにあるなんて・・・

ますます興味あり


詳しい人に話をお伺いしたい


植物は奥が深い

でも植物のおかげで私たちは生きていられる

ありがとう

と言いたい  行動に移すときがきたかしら・・・